2012年01月12日

斜面での掘削風景

林です。
昨年末斜面にて掘削前の写真です。
重機をどのように設置したかは、次回に紹介します。(写真より実際は、かなり急です。作業員全員滑っていました。)








  


Posted by 現場担当者 at 08:00Comments(0)施工中

2011年11月14日

オーダーメイド家具 つづき

藤田です。

現場で製作するオリジナルカップボードのご紹介のづづきです。

前回までのあらすじ…

は、書きません。

さー! それでは大工さんにザクザクと切ってもらった集製材を、組み立ててもらいます。

っとその前に。

コレなんだと思います??




そうです!

耳栓せす!!


…うそです。


コレ、板と板をつなげる時に使うビスを隠すための物なんです。

その名も! 板と板をつなげる時に使うビスを隠すための物!!!

では無く、 ダボと呼ばれています!



こんな場所に使います。


つづく…  


Posted by 現場担当者 at 06:00Comments(0)施工中

2011年11月08日

近々、構造見学会の現場です。

横山です。

「HKハウス江井島Ⅱの家」は、
長期優良住宅普及促進事業の現場です。

断熱は、発泡断熱仕様です。



下屋など細かい箇所もしっかり吹き付けました。



今度の現場見学会で、発泡断熱の状態がそのままご覧いただけます。

日置建設の現場見学会としては、初めてのお目見えです。

(発泡断熱の家は、今まで、完成現場見学会をしただけでした。)

見学会には、現場監督の横山もご案内しますので、
いろいろ質問お待ちしています。

最近のお客様は、勉強熱心な方が多く、私もいろいろお話させていただくのを
楽しみにしています。
  


Posted by 現場担当者 at 15:28Comments(0)施工中

2011年07月22日

オーダーメイド家具!?

藤田です。
 
 家を建てる時、リノベーションをする時に欲しいと思う新しい家具!
その家具が自分の家にピッタリのサイズで、望む機能が全て備わっていて、しかも!
この世に一つだけ・・・ だったら。ほしーい! 絶対ほしーい!
 という訳で、建築現場で製作するオリジナルカップボードのご紹介。

 今回用意した材料は、メルクシパイン集成材。東南アジア産、マツ科のメルクシパインの集成材です。
適度な硬さがあり、加工が容易。塗装性も良好なバッチリ集成材。 でも、水には弱いのでご注意を!
塗装をせずに水に濡らすと反りかえったりカビが生えたりしちゃいます。

それではまず、板をザクザク切ってもらいます。


次回へつづく  


Posted by 現場担当者 at 08:00Comments(0)施工中

2011年05月31日

アンティーク風床材を作りましょう!

藤田です。

自宅の増築工事中です。

その作業のなかで、あなたでも簡単にアンティーク風床材がつくれちゃうゾ!偏を
ご紹介。

普段はTVの前でゴロ寝をしているお父さん! おしゃれな家具の大好きなお嬢さん。
安くても納得のいく家を作りたい、そこの奥様! そう!あなたです!そこのこのあなた!
はじめよー! DIY! DIYなんて言ったらちょっと格好いいでしょ?

お時間はとらせません! ちょっと見ていってください!


本日ご用意致しました床材は、北欧産の天然木無垢材「レッドパイン」です。
巾113mm、厚み15mm、長さが3,990mmの無塗装品です。いいですかー?無塗装品ですよ!
塗装品や化粧シートが貼ってある物はダメですよ! 無塗装品ですですよ!
今回の「レッドパイン」は節も多く、やわらかくて傷つきやすい商品です。
無垢の床材の中では、比較的安価で手に入ります。いいですかー?高級品じゃなくていいんですよ!

さらに今回は特別に! 塗装材に、なんと! 美しい天然の木目を引き立てる自然塗料!
ドイツのリボス社製、「カルデット ウオルナット色」をお付けします!
天然成分の亜麻仁油が主成分ですので、環境にも、健康にもバッチリです!
そして、どーですか?このにおい。 塗料独特のあの、いやなにおいがしないでしょ?
それどころか、柑橘系のいい香りです!飲んではダメですよ!

塗装材は必ず浸透性を使ってくださいね。いいですかー?浸透性ですよ!ペンキを塗ってはいけませんよ!


それではまず、床材を並べます。



なるべく、作業のしやすい高さに並べて下さい。低いと腰に負担がかかりますよ。

次に塗料を塗ります。



安物の刷毛でかまいません!色むらなんて気にせず、ドンドン!ドンドン塗っていきます。

そして、ある程度木が塗料を吸収したところを見計らってーー。雑巾で拭き取る!



いいですかー?お掃除の時の様に何度も拭く必要はありませよ!
同じ方向に1,2度拭けば十分ですからね。

はい!これで完成です。 



普通なら嫌がられる節や傷も、この作業にかかればアンティークな風合いを出す大事な
ポイントに早代わり!あってよかった節に傷!節さん 傷さん有難う!

沢山作ってしまいましたー。




この床材を張ったお部屋の完成が楽しみです。  


Posted by 現場担当者 at 06:00Comments(0)施工中