2017年10月12日

キッチンの色

越智です。

最近メンテナンスで伺っている朝霧のK様。
室内をそれはそれはセンス良く整えられていて
しかも、とても居心地良さそう!
自分はと思い反省はしますが、絶対真似できない…
悲しいことに。

さて、K様宅のキッチンがあまりにスッキリ、
カラーのコーディネートも抜群なので
『写真撮らせてくださ~い』とお願いしてみました。
お願い後、30秒しか経ってません!
まな板をシンク下のキャビネットにしまって
商品名入りのビンをひとつ除けたのみ。
つまり、いつもの状態。



システムキッチンは色々な色や質感があるので
色選びに悩まれる方も少なくありません。
私はだいたい、『手持ちのキッチン小物類』の色を思い出していただいて
また、揃えたい色、好きな色がないか伺って、
自宅に設置したあとは、思いのほか色が溢れてしまうことをお話します。
K様宅のようなピュアホワイトは本当に小物の色が引き立つので
決して『無難な白』ではなく、
カラーコーディネートやレイアウトの腕の見せどころ、なのですよ。

調子に乗って、2階も撮らせていただきました。
弊社工務部のT氏デザインで、OT大工さん製作の造作家具。
細部考えられて造られているのですが、残念ながらカメラマン越智の
腕が悪く、上手くお伝え出来ない…かな。
この家にはまだあります。
可愛がって使って下さり、本当に嬉しい限りです。
ありがとうございます。



  


Posted by 現場担当者 at 09:14Comments(0)

2017年10月10日

思い出②

越智です。

久し振りに大阪の実家に。
父の納骨をやっとこさ済ませてきました。
とはいっても、遺言通り、
『お墓は建てず永代供養で足回りの良いお寺さんにお願いする』
という宿題が思ったより難しく
ああだこうだと検討しているうちに1年半も経ってしまいました。



安産祈願で有名な、宝塚近くの中山寺。
子供の頃から父によく連れてきてもらったハイキングコース。
今は何と、広い広いお寺の敷地の中にはエスカレータもついてる!
テニスのし過ぎで膝を痛めた母も安心です。

大きな横段幕。『プレママフェスタ』?
今どきのお寺さんはスゴイです。
『墓は作らず同じ寺で待ち合わせ』なので、
いずれは母も弟も私もここに入る意思で決めたのですが、
にぎやかで、淋しくはなさそうです…。

展示されていた、ダリヤの花が見事でパチリ。








写真は実家の室内建具の数々。
和室との取り合いの引き戸は、母が一目惚れしたもので
工務店さんの事務所にあったものを
『これと同じものを作って!』とお願いしたものです。

クロゼットや収納の扉、トイレの引き戸、他にも、
ひとつひとつ考えに考えて、全部作っていただいたもの。
自然素材の家の歴史は、家族の歴史やエピソードと深く結びつき思い入れ深く、
家そのものがアルバムであるような、命があるような、
不思議な、でも温かいかんじです。

弊社の造作家具や室内建具も、
皆で吟味して選んだ床材も、
住むごとに
同じように特別な味わいを感じて頂いているのが
私にも良くわかります。

また私が点検などで伺った際には
ぜひ色々と、年輪のお話し聞かせてくださると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

  


Posted by 現場担当者 at 15:47Comments(0)自然素材

2017年10月10日

ショールーム

越智です。

先日、神戸の【タ☆ラスタンダード】さんで、勉強会に参加してきました。

システムキッチン、システムバス共にじっくり説明を受けてきました。
私は結構、タ☆ラさんの商品には詳しいつもりでいたのですが
その私でもナルホドと感心するほど
現実的な使い勝手の研究に力を入れておられるらしく、
また、今回のリニューアルで見栄え外観も今までより
何歩も進んだようです。

ショールームのキッチン展示の、実際に水のでる実演コーナーで
自宅に設置した後の使い勝手を体感することができます。
細かな、本当に些細なことなのですが
主婦としては現実的にとっても助かる機能もあったり
思わず仕事を忘れ
『これイイ~!』と口にでてしまいました。
私が個人的にタ☆ラさんの特徴で一番好きなのは
無臭のキャビネットなのですが。



  


Posted by 現場担当者 at 08:57Comments(0)住宅設備

2017年10月05日

勝手に閉まる。



越智です。
昨日の定期点検は、弊社事務所から車で10分ほどのご近所の
K様邸でした。

ピンポン押すと、きれいなお姉さん登場。
お家の中も、何だか良い香りがして
お仕事場を兼ねるとはいえ、いつもと全く違う雰囲気に
新鮮味を感じつつ点検させていただきました。

点検を進めながらお話ししていると、
『孫がね…』
え。まご? 孫?
年齢不詳の綺麗なお姉さんは
そして、とてもおおらかにおっとりと、
『引き渡し以来気にはなってたんだけどそのままでね~』
と何点かのご相談箇所をお話し下さったのでした。

自分の女子力の無さを実感。
そうか、我が子たちに指摘されるのは、この雰囲気の欠落だったのかも。
『母さんはオトコマエやからな…』
まあ、今更どうにもなりません。
この3等身も、顔も、弊社リフォームのエース、F氏でも治しようがありませんので、
自然素材のように受け入れ、経年変化を楽しむだけでございます。

前置き長すぎました。
『天窓が勝手に閉まってしまうんです。』
とのことで、夕方帰社後に調べてみると

スイッチ操作をしないで開閉するケースとして
①雨センサーが反応した場合。
 例えば、センサー場所に落ち葉が触れても認識してしまいます。
②温度センサーが設定温度から約5度下がった場合。
③開時に停電(またはブレーカーが遮断)後、復帰した場合。
これらのケースであれば通常作動とのこと。
なかなか良くできています。

結構賢い窓のようです。
ただ、思い当たる節がないなら、それはやはり困った現象なので
修理の手配になります。
  


Posted by 現場担当者 at 15:51Comments(0)アフターメンテナンス

2017年10月03日

定期点検



越智です。
『コ⭐トコ』に行ったことがないと言ったら
工務部内で、すっかり化石扱いです。

ちなみに、『イケ★』もありませぬ。
ついでに、クレジットカードも持たないので
もうここまで発覚すると、絶滅危惧種を見るような驚きの表情が見られて
結構楽しいです。
『いつもニコニコ現金払い』
分かりやすくて単純なこと、が好きなのと
日常生活において、とても面倒くさがりなので、こういうことに。

面倒くさがりですが、実は
アフターメンテナンスの仕事は結構好きでやっています。
ただ、私の出番は少ないに越したことはなく
お引き渡し後のお住まいに、不具合もトラブルも予想外も、
無いのが本来あるべき姿なのでしょう。

件数が立て込み、スケジュールの調整や天候がうまく噛み合わず
また、急ぎませんので…というご厚意のお言葉に甘え
ついつい延び延びになっているお宅も。
私の段取りの力不足に尽きると思います。
ご迷惑をおかけしております。
改善していく所存ですので、ご意見、ご指摘なども
ご遠慮なく私までお知らせくださいませ。

チャフウォールや、エスタコウォールなど、
補修用にお裾分けできる素材もあります。
その他、ご質問などお気軽にご一報ください。

点検にご訪問するたび
何と皆様、大事にいとおしんで住んで下さっていることかと
本当に有り難く嬉しく、毎回感謝の思いです。

ありがとうございます。
そしてこれからも、よろしくお願いいたします。

  


Posted by 現場担当者 at 09:10Comments(0)アフターメンテナンス

2017年10月02日

シックハウス症候群

越智です。
前回の、空気の話つながりで、今日はシックハウス症候群のお話を。

シックハウス症候群。
住宅に由来する、様々な健康障害の総称です。
主に、建材などに含まれる科学物質が室内に揮発し
換気不足とあわせ室内の空気が汚染されることで引き起こされる
健康への影響。

ホルムアルデヒド、と言えば誰もが耳にしたことがある言葉で、
平成15年の建築基準法改正で使用制限がされたことを
ご存知の方も多いでしょう。
クロルピリホスという有機リン系の物質は、使用禁止になりました。
換気設備の設置も、義務付けになったのです。

ただ、原因は多種多様で
他に、家具や日常生活用品、暖房器具から放散される科学物質、
ダニやカビなどの生物的要因、ハウスダスト、など
きりがありません。
そして、本当に個人差が大きく
体質の変化が引き金になったりもします。

本人にしかわからないような症状が多く
自律神経失調症や風邪、花粉症、精神疾患などと間違われてしまったり。
何か、絶対におかしいのに。
という感じをずっと抱きながら苦しんでいるひとも。

ただ、症状が出た場合でも、原因となる建物を離れると
症状が和らぐことが多いようです。
我が娘が改修後の体育館で気分が悪くなると
外に出て休んだように。

その時以来、娘が『ここの匂いはいやや』
という場所は、入らないように言っています。
自分の感覚、直感を大事にして欲しいと思っています。

話が少し逸れましたが。
科学物質の発生源としては
普段何気なく使っているものもたくさん含まれます。
防カビ材、カビとり材。芳香剤。日用塗料。
白アリ駆除材。防水スプレー。
食品添加物、防腐剤。殺虫剤、防虫剤。合成洗剤、塩素系漂白剤。
タバコ、ストーブ。
他にもまだまだ。
現代の生活で、完全な排除は不可能に近いです。
有益性と有害性を考えた上で
うまく選択してください。

人体への摂取の割合は
室内空気が57%、と極めて大きく
公共施設の空気12%、産業廃棄物9%、外気5%、
飲み物8%、食べ物7%、その他2%、と続きます。
それほど、呼吸量というのは大きいのです。

ちなみに、『科学物質過敏症』という言葉も耳にされたことがおありでしょうか。
科学物質過敏症は、原因が科学物質に限定されています。
そして、シックハウス症候群にかかる科学物質濃度よりも、更に更に、
低い濃度で発症してしまいます。
もはや原因となる住宅を離れても、その後様々な科学物質に
反応するようになります。
本当に、辛く苦しいことです。
もはや、症状の原因は家ではなく、その人の体になってしまうので
普通に生活することさえ、大変になってきます。

そういった困難を抱えた方々も、たくさんおられるのです。
平穏に、意識することなく呼吸し活動し、
自由に選ぶ選択肢がたくさんある生活は
幸せなことですね。


  


Posted by 現場担当者 at 10:09Comments(0)自然素材

2017年09月27日

空気と居心地

越智です。

ずいぶん前のことになりますが。
娘が小学生のとき、地域のミニバスケットボールチームに入っていました。
メインの練習場所は、小学校の体育館で
ある時、数ヶ月をかけての大改修工事が始まりました。

待ちに待って出来上がった体育館は、それはそれはキレイで
バスケットゴールも照明も倉庫も、グレードアップされていて、
でもなぜか、練習を始めてしばらくすると
『気分がわるい。』
と、中に居られなくなることがありました。

違う練習場所の日はそのような事はなく
同じように調子を崩すメンバーはだいたい決まっていて
湿度の高い日、寒くて締め切っている日、
風のない日、に偏っていた記憶があります。

コーチや保護者の皆さんのご配慮で、
何とか乗りきった日々でしたが
空気という、逃れられない、しかも見えないもの。
怖さを感じました。
お医者さんに相談すると、
『とにかくその場から離れるしか方法はない』
とのこと。

学校施設の工事において使用される建材は
基準が厳しいとは聞きましたが
子供たちもまだ敏感な年頃なのですね。

すこし話は変わりますが
息子が以前一度、弊社事務所にきたとき
入ってすぐ、
『あ、ここの空気はいい。気持ちいい。おばあちゃん家と同じ空気や。』
と言いました。
自然素材の、私の実家です。

デザインもコストも機能性も
どれも大事ですが、
五感が喜ぶ居心地を手にいれるのは
本当の贅沢ではないでしょうか。





  


Posted by 現場担当者 at 13:12Comments(0)自然素材

2017年09月25日

排水の詰まり。

越智です。

ここのところ、キッチン・トイレと続けて排水詰まりのSOSをいただきました。

トイレは基本的に初動はこれ。
名前は『ラバーカップ』
そんなオシャレな名前は似合わないので
『ガッポンガッポンてやつ!』
という言い方のほうが通じそうですが。



今のトイレは節水型になっているので
トイレットペーパーの量が多すぎると詰まります。
通常のご使用では問題ないと思うのですが
例えば、2枚重ねのダブルのトイレットペーパーだったり
小さいお子さまが、大きく団子状にして使う癖があったり。

多いかなと思うときは、途中で1回流すことをお勧めします。
時々2回流すくらいどうってことないほど
昔のトイレに比べて使用水量は減っているはずですよ。
特に、2階のトイレは水圧が低いのでお気をつけくださいね。

キッチンの排水は
『油を流さない』、『適度にお湯を使う』
につきます。
お家が暖かくなって、洗い物にお湯を使う機会が減ったかもしれません。
節約のために...とお水で頑張っておられる方も。
排水管が動脈硬化を起こさないためには
適度にお湯は使っていただいた方が良いのです。
日頃のご使用方法次第で、
高圧洗浄などの排水管トラブルなどの出費を回避することができます。

  


Posted by 現場担当者 at 13:31Comments(0)アフターメンテナンス

2017年09月25日

網戸

越智です。
気持ち良く眠れる季節になってきて、
休日の朝寝坊が幸せです。
暗くなってから、小さな小さな虫が部屋の灯り目指して
入ってくることもなくなったし!



この夏、網戸を張り替えたのですが
今回はようやく、24メッシュという虫が入りにくい細かい目にしたので、
雲泥の差で娘のイライラが減り、
我が家の平和指数が上がりました。

さて網戸は、シンプルな形状なら自分で張替も出来るのですが、
アコーディオン状になった、収納できるタイプのものは
糸が通してあったり細かな部品がついていたりして
修理に結構お金がかかります。
時間も一般的な物よりかかってしまうので、
修理ご検討の方は、これから冬にかけての
網戸の出番の少ない時期をお勧めします。

お子さまが手を突っ込んだり、
糸を引っ張り出してしまわないようにお気をつけ下さいね。  


Posted by 現場担当者 at 13:28Comments(0)アフターメンテナンス

2017年09月25日

鍵の調子が。

越智です。
今日は、鍵について。

玄関ドアの、円筒型のシリンダー錠。
何だか廻りにくくてコツがいる今日この頃...
帰宅したとき、開かなかったらどうしよう...

鍵が開きづらい、閉まりづらいと少し不安に。



特に故障ではなくても、
ホコリが入ったりしてスムーズな動きが出来ていない場合があります。
そんなときの、お役立ちがコレ。



ホームセンターで手に入ります。
注意。
似ているような気がするけれど、『●●556』ではありません。


娘が、リンゴのケーキを作っています。
『おかーさーん、耐熱容器ってコレ~?』

...娘よ。
似ているような気がするけれど、
それは、思いっきり非耐熱容器の、『プラスチック』というのだよ。
『これは~?』
それは、どんぶり鉢です。まあ良いでしょう。
やる気が大事。
  


Posted by 現場担当者 at 11:38Comments(0)アフターメンテナンス

2017年09月22日

越智です。
すっかり、秋になってまいりました。
でも、なんと昨日はしぶとく鳴く蝉の声を聞いてしまいました。
しつこいなあ、もう。まるで私のようです。



実家の天井に貼られた杉板が、
本当にいい色になってきました。
経年変化を良い意味で楽しめるのも
自然素材の魅力です。

和紙の畳も、10年が経ち
替え時と言えば替え時なのですが
普通のイグサの畳と違って、ササクレが立ったりしないのと
服に、とれたササクレがいっぱいついてしまったりもしないので
ついつい、延ばし延ばしになっております。

昨年亡くなった父の思い出が、家のあちこちにまだ記憶新しく
母としては、色々な形跡をまだそのままにしておきたいのかもしれません。

さて、この和紙畳は、変色もせず汚れにも強く
耐久性もあり、足触りも優しく
私は結構気に入っています。
ただ、当然のように、イグサの良い香りはしないので
物足りないと感じられる方もおられるかもしれませんね。
  


Posted by 現場担当者 at 13:57Comments(0)自然素材

2017年09月19日

アイデア

越智です。
この記事を書いてる本日(16日)は、台風接近中です。
昨日(15日)は社員も、職人さんも
台風から現場を守るための作業に、夜間まで頑張っておりました。

私の好きな場所の被害も少ないことを祈りつつ。
収穫前の、稲たち。
田んぼの緑も黄金色も、とてもきれいで心癒されます。



さて、明石駅近くのK様邸に定期点検に行ってきました。
半年点検です。

実は、お引渡し直後より何度もトラブルや補修で
ご迷惑をおかけしております。
日程調整のやりとりや、度重なるご訪問にも
いつも快くお迎えくださり、
本当に申し訳なくありがたく感じるばかりです。

せめてもと、ご訪問時は私の思いついた範囲で
生活していく上での維持管理、使用上の注意点や、メンテナンス法など
お話させていただいています。

K様邸、研究熱心なご主人のご意向が詰まったお家です。
写真は、階段下に作られた“ルンバ”の基地。
奥にコンセント、ついています。



『いやいや、私のアイデアではないんですよ、ネットで見て。』
とご謙遜のご主人ですが
『自宅に』、『家族のために』、使い勝手を考えて取り入れられたものは
それは堂々と、『我が家風』です。


続報。
先日お伝えしたシステムバス床張り替え。
朝から張替えて1時くらいまで。
表面材の被害だけで、それも無事交換終了しました。
ありがとうございました。





  


Posted by 現場担当者 at 09:37Comments(0)

2017年09月13日

水廻り

越智です。

昨日から一転、今日は良いお天気ですね。
一昨日の晩、突然振り出した雨のおかげで、
免許取立ての息子から、
『ワイパーどれっ』とラインが。・・・夜中1時半【怒】
まあ、事故だけは気をつけてもらいたいものです。
なんせ、保険料が年額7万上がっています【泣】

前置きはこのへんで。
『洗面台の下が水漏れで...』と
急ぎSOSのお電話を頂くことがあります。
キッチンのシンクの下なども、
急に発生した水漏れだけではなく
徐々に、徐々に、の場合もあります。
すぐに気がつけば大した被害はなかったのに
長い間放置してしまったために
結構大きな出費になることも。

ハンドシャワーの水栓も、今では普通に普及していますが
ジャバラのホースの中にはゴム製の部品が使われていて
10年も経つとだんだん硬化してきて亀裂が入ってしまうこともあるそうです。

たまには、チラッと下を覗いてみて、
違和感がないかチェックしてみても良いかもしれません。
もちろん、日々大きいお鍋やフライパンや、
洗面台の下の大きな洗剤のストックで
給排水の配管にドカンと体当たりしないように気をつけてくださいね。



写真はキッチンのハンドシャワー水栓。
根元に水抜き穴がついています。
シャワー伸縮の際にどうしても水が入るので
こういう穴がついています。
ここから排出できないほど多い漏水になると、下に落ちていったりします。

続きはまた。



  


Posted by 現場担当者 at 09:28Comments(0)

2017年09月11日

DIY②

越智です。

垂水区のY様邸に、半年点検に伺いました。

この度このお宅は、防蟻メーカーの点検が入っており
担当の方は夏場の床下での作業で汗だく・・・
いつも申し訳ない気持ちになるのですが、
作業着など着て動き回るから暑いけれど
『床下自体はひんやりして涼しいんですよ~』とのことでした。

このお宅はまだ半年ですが
もちろん年数が経ったお宅に点検で伺っても
いつも床下はきれいで無臭です。

さて、Y様邸、思わず寝そべりたくなるような
気持ちよさそうなカバザクラの床。
ペッタリ床に座って、機関車トーマスに夢中の可愛いこどもたち。
息子が幼い頃大好きだった電車のおもちゃたちに再会し懐かしく、
Y様のお子さまに、プチオタクぶりを披露してしまいました…
いかんいかん、仕事中仕事中。

玄関前で危険がないように
奥様が手すりの間に取り付けたワイヤーメッシュに
アイデアと、優しい愛を感じました。



室内も、引越しの際に付いた傷など、
ご自身でチャフウォールを上塗りして消されたそうです。

愛おしんで住んでくださり
本当に、ありがとうございます。


  


Posted by 現場担当者 at 09:17Comments(0)

2017年09月07日

思い出①

越智です。

これからいい気候になり、
行事やお出かけの機会も増える季節になりますね。

ただ、弊社で家を建ててくださったお客様にお話を伺うと
『気持ち良く過ごせるので、家で過ごす時間が増えました』とか
『どこかに出かけても、すぐ帰りたくなってしまうんです』という
本当に本当に、有難く光栄なお言葉を頂いたりします。

私の実家は大阪なので
残念ながら日置建設の家ではありませんが
10年以上前に、地元の某工務店でフルリフォームしました。
吉野杉と珪藻土の家になり
とても居心地がよい家になったのですが
最近になって初めて、トイレの壁に落書きがあるのを見つけました。

それは、引戸の引込部の隅っこのほうだったので
今まで誰も気づかなかった、悪ガキのイタズラ書き。
淡いグリーンの珪藻土の壁に、エンピツで。
犯人が、幼かった頃の我が娘だとすぐ判明したのは
その落書きが『左効き』にしか書けない位置だったから。
大爆笑でした。

床のキズも、壁の汚れも、イタズラ書きも、
タバコの吸殻焦がし跡も
蚊を叩いてつけてしまったシミも。
時が経つと、自然素材ならではの味わいと
思い出の痕跡になります。

計画してはつけられない、我が家色。

本日のは、写真がな~い。
思い出したら、またご披露します。

  


Posted by 現場担当者 at 09:41Comments(0)

2017年09月06日

おフロの床

越智です。

朝夕、少し涼しくなりましたね。

今日は、システムバスの床について。
各メーカーさんごとに、様々な特徴の商品があります。
中でも、T*T*さんの柔らかい床は
寒い冬でも足当たり良く気持ちよくて人気です。

先日、点検に伺ったお宅で奥様が
「床に亀裂が入っているようなんです…」と。
確かに、髪の毛より細いくらいの亀裂が。
写真右下あたりです。



メーカーさんに見てもらうとやはり亀裂で、
このままでは水が入ってしまうとのことで
表面材の張替えになりました。
作業はほぼ一日かかります。

このタイプの床材は、ピンポイントの加重に弱く
例えば4本足の風呂イスの使用や、
清掃時に直接脚立を置くなどはお控えください。

今回のお宅の奥様は大変マメにお掃除されていて
そのおかげで早めに見つかったことで、あまり大きな被害なくすみました。

続きはまた。
  


Posted by 現場担当者 at 08:59Comments(0)

2017年09月04日

DIYのワクワク

越智です。

新学期がはじまりましたね。
我が家の高校2年生は、夏休み中部活ばかりだったので
私にとってはお弁当作りがまた始まったくらいで
あまり大差はないのですが、
娘は課題提出と休み明けのテストのおかげで
かなり暗い顔をしていました…

さて、点検・補修・小工事ご相談でたびたびお伺いしているY様邸です。

7月に実施した【ひおきまつり】で
弊社ガレージセールで掘り出し物の、新品シーリングファンをお買い上げ。
その取付けをご依頼いただきました。

Y様邸は、規格住宅『Bino』、スキップフロアが楽しいつくりです。
ご入居前ももちろん、躍動感のある活き活きとした家だったのですが
可愛らしい2人の小さいお子さまと猫さんの存在、
そして、何よりご夫妻のパワーで
なんだかとっても、ワクワクするような居心地のお家になっています。

お引渡しをスタートに、そこから
自分たちで『創り上げていこう』という意識が伝わってきます。



これは、弊社電気屋さんが、配線・取付。

…。 

私、ほんとに写真が下手で。
シーリングファンが回転したまま撮影。 …羽根写っていません。
スミマセン。

空気が動いたこと、動きのあるものが加わったことで
Y様邸はさらに楽しい空間になりました。

ちなみに、
吹き抜けを利用してご主人がご自身で購入取り付けの棚。
縦に2つ連結。



ハンモック吊金具もついていました。
他にも色々ご計画中のようで、私も楽しみにしています。



  


Posted by 現場担当者 at 09:03Comments(0)

2017年08月31日

よろしくおねがいします

ひさしぶりに、このブログを更新させていただきます。
3月入社の越智です。

私はアフターメンテナンスを主に担当していますので
ご新築のお客様とは
お引渡し後の長いお付き合いとなります。

ほか、リフォーム現場にも出没します。

皆様のお役に立てるようなミニ知識や
お宅訪問や施工現場で見聞きしたアレコレを
お届けできればいいなと思っております。

よろしくお願いいたします。

では、初回の一枚。
魚住町のO様邸の可愛らしいミニ画伯の作品を。



いつもお母様が画伯に渡すのは
赤・青・黄・白、の4色だけだそうです。
お題は、お宅の前に広がる一面の蓮。

子どもって、天才ですね。  


Posted by 現場担当者 at 10:35Comments(0)

2015年07月31日

FIESTAさん

林です。

先日、神戸市垂水区にあるFIESTAさんに消防設備改修工事でお邪魔しました。




お店は国道2号線沿いで、目の前に明石大橋、淡路島があって、ロケーション抜群で

いい雰囲気です。













インテリアの小物などの多くはご自分で作られたそうです。



FIESTA
〒655-0049
兵庫県神戸市垂水区狩口台7−15
078-785-3723


  


Posted by 現場担当者 at 13:24Comments(0)現場

2015年05月22日

ドナドナ

ある晴れた昼下がり、職人さんの手によりかわいい仔牛(建具)たちができあがりました。

仔牛1仔牛2


仔牛3仔牛4



そして、荷馬車(軽トラ)に載せられ・・・

荷馬車





売られていく(現場に設置される)のでした。

荷馬車2







  


Posted by 現場担当者 at 09:41Comments(0)現場